グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



サイトマップ

検索

HOME >  シンポジウム・講演会・公開講座 >  【動画配信中】第2回公開セミナー「アジアの福祉現場における『中間的領域/組織』の探究」(3月5日(土))

【動画配信中】第2回公開セミナー「アジアの福祉現場における『中間的領域/組織』の探究」(3月5日(土))


ページ内目次


盛況のうちに終了しました。多くの皆様にご参加いただき、ありがとうございました。当日の講演内容は、下記のYouTubeサイトにてご覧いただけます。
【グローバル地域センター 第2回公開セミナー「アジアの福祉現場における『 中間的領域/組織』の探究」】
2022.3.05 オンライン配信にて開催

=プログラム=(敬称略)
(0:00:40)開会挨拶  濱下 武志(静岡県立大学 グローバル地域センター長) 
(0:02:50)趣旨説明  奈倉 京子(静岡県立大学 国際関係学部 教授)
(0:15:00)講演    白銀 研五(びわこ学院大学 教育福祉学部 講師)
(1:15:08)討論    コメンテーター 湯浅 優子
           (スペシャルオリンピックス日本・静岡理事長、元沼津市手をつなぐ育成会会長、元沼津市議会議員)

1.開催趣旨

本連続セミナーは、アジア諸国の福祉の現場における「中間的領域/組織」がどのような役割を担っているのかを比較検討するものです。
ここで「中間的領域/組織」とは、暫定的に個人/家族と国家の間にある領域/組織と捉えておきます。民間組織(NGO/NPO)、ボランティア組織、半官半民の地域組織などを考えています。
社会的に周縁化された人々は、「中間的領域/組織」を介して家族や社会階層を越えた社会関係をどのように構築できるのでしょうか。第2回セミナーでは、特に障害児/者教育の現場に焦点を当て、ベトナムの事例をご紹介し、日本の状況と比較しながら「中間的領域/組織」の果たす役割について検討します。

2.開催概要

1 実施日時
2022年3月5日 (土)13時30分~15時30分 (オンラインルーム開放 13時15分)

2 開催方法 
オンライン配信
※ZOOMウェビナーを使用します。
(PC、Mac、iPad、iPhone、Androidデバイスから参加できます。)

3 参加料
無料(要・事前申込)
どなたでもお申し込みいただけます。

4 定員
100名

5 お申込み方法
3月4日(金)までに、下記「ZOOMウェビナー登録URL」をクリックし、フォーム画面に必要事項をご記入いただき登録してください。

《オンライン視聴の注意点》
  • 視聴の際には、WI-FI環境が無制限になっているかを必ず事前に御確認ください。
  • 本講座の録音、録画、撮影はご遠慮ください。
  • チラシプログラムの時間は、セミナーの進行状況により多少前後しますことをご了承ください。

6 プログラム(敬称略)
開会あいさつ 濱下武志(静岡県立大学グローバル地域センター長)
趣旨説明 奈倉京子(静岡県立大学国際関係学部 教授)
講演 「民営センターからみたベトナムにおける包摂-障害児教育の特徴に着目して-」
白銀研五(びわこ学院大学教育福祉学部 講師)
<講師プロフィール>
1981年8月北海道生まれ。2018年京都大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。同年よりびわこ学院大学教育福祉学部子ども学科講師。2021年京都大学博士(教育学)取得。専門は比較教育学。主な研究テーマはベトナムにおける障害のある子どもの教育。
主な研究:「ベトナムにおける障害児のための民営教育・医療施設の展開 : 教育領域での『社会化』政策との関係に着目して」(京都大学大学院教育学研究科紀要 (63)、pp.529-541、2017年)
休憩
討論 <コメンテーター>
  • 湯浅優子
  • (スペシャルオリンピックス日本・静岡 理事長、元沼津市手をつなぐ育成会会長、元沼津市議会議員)
閉会
7 主催・お問い合わせ
静岡県立大学グローバル地域センター
〒420-0839 静岡市葵区鷹匠3-6-1 もくせい会館2階 
電話:054-245-5600
FAX :054-245-5603
E-mail:glc(ここに@を入れて下さい)u-shizuoka-ken.ac.jp

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。