グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  講演会等開催案内 >  静岡県立大学ジャーナリズム公開講座第6期(全14回)第10回「ファクトチェックと従来型報道は何が違うのか?―様々な誤解を正す―」(11月29日(木))

静岡県立大学ジャーナリズム公開講座第6期(全14回)第10回「ファクトチェックと従来型報道は何が違うのか?―様々な誤解を正す―」(11月29日(木))


このエントリーをはてなブックマークに追加
盛況のうちに終了しました。多くの皆様にご参加いただき、ありがとうございました。
当日の講演内容は、下記YouTubeサイトにてご覧いただけます。
【静岡県立大学ジャーナリズム公開講座 第6期第10回映像】
演題:ファクトチェックと従来型報道は何が違うのか?―様々な誤解を正す―
講師:楊井 人文(ファクトチェック・イニシアティブ・ジャパン事務局長)
2018.11.29 静岡市内「B-nest」にて開催

(00:00:00)開会あいさつ(静岡県立大学グローバル地域センター 特任助教 西 恭之)
(00:02:34)講演(ファクトチェック・イニシアティブ・ジャパン事務局長 楊井 人文氏)
(01:20:51)代表質問

講座開催概要

「ファクトチェックと従来型報道は何が違うのか?―様々な誤解を正す―」ちらし

クリックすると、PDFファイルが開きます(PDF:0.35MB)

静岡県立大学ジャーナリズム公開講座は今年度、第6期、年間14回の講座を開講中です。
講座の目標は「ジャーナリズムの向上による民主主義の成熟」です。
現在、日本ではジャーナリズムの位置付けが希薄で、とりわけ専門知識が問われる安全保障、危機管理、科学技術分野においては、十分な検証能力を備えていない印象さえあります。
そのような日本の現状を打開し、日本と静岡の安全と繁栄を確かなものにしたい。それが、本公開講座のねらいです。

11月29日は、ファクトチェック・イニシアティブ・ジャパン(FIJ)事務局長の楊井人文(やない・ひとふみ)弁護士が「ファクトチェックと従来型報道は何が違うのか?―様々な誤解を正す―」というテーマで講義します。是非ご参加ください。
日時 2018年11月29日(木曜日) 18時30分~20時30分 
(開場 18時15分)
会場 B-nest(ビネスト、新静岡駅前ペガサート6階)
*会場へのアクセスは、こちらをご覧ください。
(リンク先 http://www.b-nest.jp/map.html
今後の開催予定 毎月開催します。リンク先のちらしをご覧ください。
お申込み方法 氏名・フリガナ、住所、電話番号、職業、年齢を、下記の西までメールまたはFAXにてお知らせください。先着順80人で定員になり次第締め切ります。
参加料 無料
主催 静岡県立大学
お問合せ先/お申込み先 グローバル地域センター特任助教  西 恭之
メール: nishi(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
FAX: 054-245-5603 電話: 054-245-5600

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。