グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  懇話会(サロン)の活動報告

懇話会(サロン)の活動報告


このエントリーをはてなブックマークに追加
静岡県は、広い視野を持ち、様々な分野で魅力的な活動を展開している文化人、経済人など多彩な人材に溢れています。こうした方々が集い、地域の新たな課題やその解決策等について自由に情報や意見を交換する場-懇話会(サロン)-を開催しています。

2018年2月からは、静岡県やお茶にゆかりのある有識者が、茶をめぐる社会経済・歴史文化など幅広い話題について話し合う「静岡茶の世界を考える懇話会」を設置しています。
開催日 報告内容等
第1回
2018年2月23日 (1)「『Japan Tea ブランド』の構築」
ウェイク・フォレスト大学歴史学科准教授 ロバート ヘリヤ―氏

(2)「現代中国の文化ルネサンスと文化産業:ライフスタイルとしての茶と仏教」
一橋大学大学院社会学研究科教授 足羽 與志子氏
上智大学国際教養学部教授 デイヴィット ワンク氏

(3)「日本茶の消費、輸出を促進するための課題」
有限会社ヘリヤ商会 代表取締役 谷本 宏太郎氏
第2回
2018年7月16日
(1)「農村直輸出会社の蘭字」
蘭字研究家・元常葉学園大学造形学部教授  井手 暢子氏

(2)「明治5年における米国代理公使 Charles Shepard の静岡『茶製場』訪問」
明星大学経済学部非常勤講師 粟倉 大輔氏
第3回
2018年9月10日
(1)「お茶のマーケティング:どうすれば、茶業は元気になるのか」
静岡県立大学経営情報学部教授 岩崎 邦彦氏

(2)「当店の金銭判取帳(1950~1953年)記録等から判る、『内地茶取引』の様子」
成茶加納株式会社 代表取締役 加納 昌彦氏