グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



サイトマップ

検索

HOME >  研究部門・研究員紹介 >  危機管理部門 >  研究員書籍

研究員書籍


フテンマ戦記 基地返還が迷走し続ける本当の理由 / 小川和久

文藝春秋
2020年3月
ISBN 978-4-1639-1181-6
価格 1,800円(+税)

返還合意から24年、普天間基地問題はなぜ迷走し続けるのか。本書の目的は、その原因を国民の前に明らかにし、心ある政治家、官僚をはじめとする関係者に、普天間問題の軌道修正と日本の民主主義の健全化を図ってもらうところにある。民間人の立場で普天間問題に関わることになり、歴代政権の間近で混迷を見続けた軍事アナリスト・小川和久の回想録。

アメリカ式銃撃テロ対策ハンドブック
―アメリカ政府指針・マニュアル集― / 小川和久・西恭之 訳

近代消防社
2019年3月
ISBN 978-4-4210-0927-9
価格 1,667円(+税)

本書はおそらく、日本初の銃撃テロ対策ハンドブックである。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを機にテロ対策が叫ばれる一方、目に見える形の銃撃テロ対策の普及が遅れている現状は、外国の観光客を呼び込む観光立国の立場からも改善されなければならない。総合対策、撃たれた人の救命、銃・弾薬の威力と防弾について、米国の省庁間委員会、国土安全保障省、軍等が政府施設入居機関や初動要員のために作成した指針、マニュアル、シナリオ等を選び、翻訳した。

文藝春秋オピニオン 2019年の論点100 / 小川和之 西恭之 他 共著

文芸春秋
2018年11月
ISBN 978-4-1600-8683-8
価格 1,500円(+税)

各界の俊英が、2019年の10大テーマを中心に日本の問題点100を論じる。
【10大テーマ】
  1. 安倍長期政権と日本
  2. 御代替わり
  3. 自然災害と防災
  4. スポーツ
  5. 社会
  6. 経済
  7. 教育と科学技術
  8. 国際問題と朝鮮半島
  9. 文化・芸能とマスコミ
  10. 生活と健康

【掲載論文】
  • テーマ3-22「続発する大規模災害 日本版FEMAの創設を急げ」(小川和久)
  • テーマ8-74「『国際法』への無知が日本の領土を危うくする」(西恭之)

日米同盟のリアリズム / 小川和久 著

文藝春秋
2017年7月20日
ISBN 978-4-16-661135-1
価格 880円(+税)

日米同盟という世界最強の軍事力が、いかに中国・北朝鮮を抑え込んでおり、米国はなぜ日米同盟を手放せないのかを具体的に解き明かす。中国が仕掛けている現代版「孫子の兵法」ともいえる「三戦」「接近阻止・領域拒否(A2/AD)」の思考も詳しく紹介。

戦争が大嫌いな人のための 正しく学ぶ安保法制 / 小川 和久 著

アスペクト
2016年6月21日発行
ISBN978-4-7572-2474-2
価格 1,400円(+税)

安保法制で日本の平和と安全は高まります。「戦争法」というデマを信じてはいけません。そもそも安全保障とは何なのか基本から丁寧に解説します。
平和な暮らしを守りたかったら、集団的自衛権と平和安全法制について正しい知識を身に付けよう。

危機管理の死角 / 小川和久 著

東洋経済新報社
2015年7月31日発行
ISBN978-4-492-53366-6
価格 1,500円(+税)

日本流の平時型組織では危機対応はできない。国際水準をクリアした有事型組織による危機管理のあり方を示す。

中国戦力報告(中国の戦争力 台湾中国語版) / 小川和久、西恭之 著

大是文化有限公司
2015年7月7日
ISBN 978-986577091-4
価格 NT$340(+税)

『中国の戦争力 台頭する新たな海洋覇権の実態』(中央公論新社、2014年3月25日発行)の台湾中国語版。郭凡嘉訳。副題を含む書名は『台湾政府閉口不提的中国戦力報告』(台湾政府が言わない中国の戦争力)。

日本人が知らない集団的自衛権 / 小川和久 著

文藝春秋
2014年12月20日
ISBN 978-4-16-661005-1
価格 750円(+税)

日本は集団的自衛権で国を守れるのか? 「戦争に巻き込まれる」といった批判は本当なのか? 安倍政権も誤解していた議論の本質を、これ以上ないほどわかりやすく解説する。

中国の戦争力 台頭する新たな海洋覇権の実態 / 小川和久、西恭之 著

中央公論新社
2014年3月25日発行
ISBN 978-4-12-004600-1
価格1600円(税別)

中国の軍事的動向について、日本国民が押さえるべき読み方のツボを具体的に示す。中国はアメリカに大きく水をあけられていることを自覚しつつ、超大国にふさわしい水準に着々と近づいている。アメリカも緊縮財政の中、効果的に先手を打ち続けている。

Futenma Adrift: The Absence of Effective and Informed Negotiation Grounded in Military Reality
(普天間漂流―軍事的な根拠に基づく効果的な交渉はなかった)/ 小川和久著 英訳・西恭之

橋本晃和、マイク・モチヅキ、高良倉吉編
The Okinawa Question: Futenma, the US-Japan Alliance & Regional Security 所収
ジョージワシントン大学シグール・センター及び南西地域産業活性化センター
2013年12月12日発行
ISBN 978-0-9765283-2-6

トルーマン安全保障ブリーフィング・ブック
アメリカ民主党候補者用安全保障政策テキスト / 小川和久、西恭之 訳

国際変動研究所
2013年7月1日発行
同研究所サイトにてダウンロード版を無料で公開中

それで、どうする!日本の領土 これが答えだ! / 小川 和久 著

アスコム
2012年11月23日発行
ISBN 978-4-7762-0763-4
価格1,000円(税込)